HOME>オススメ情報>【日本橋で働くサラリーマンへ】賃貸マンションのススメ

【日本橋で働くサラリーマンへ】賃貸マンションのススメ

賃貸マンションは自由度が高い

賃貸マンションの良いところはなんといってもその自由度の高さにあります。生活の変化に合わせてその都度で最適な家を探すことが可能です。例えば、日本橋などに転勤や転職などで職場が変わったりした時も、通勤しやすい新しいエリアに移ることができます。また、結婚や出産などのライフイベントに合わせて間取りの広い部屋に移ることも可能です。他にもペットが飼える賃貸マンションを選ぶこともできますし、趣味が音楽なら防音設備のある部屋を探すこともできるので、趣味ややりたいことに合わせた部屋選びをすることができます。

賃貸マンションの経済面でのメリット

賃貸マンションには経済面でのメリットもあります。賃貸マンションの場合は建物を管理するオーナーがいますので、建物の維持費や税金、修繕費などを負担しなくていいというメリットがあります。また、仕事面での収入のダウンがあった時なども、収入に合わせた賃貸マンションへと住み替えることができるので支出のバランスを保って生活することが可能です。

賃貸マンションの精神面でのメリット

賃貸マンションを借りる際は必要書類の提出や保証人のサインなどが必要になりますが、よっぽどのことがない限りは契約の手続きを済ませば借りて住むことができるようになります。入居までの期間は物件によって異なりますが、現入居者がいなければ即入居できる物件も多くあります。このように1週間~1ヶ月の短期間で賃貸マンションは契約から入居までが簡単にできます。また、実際に住んでみて隣人や近隣とトラブルがあったり、土地の雰囲気に馴染めなかったりした場合も最適な場所へ移るという選択肢があるので精神面に負担をかけずにリスクを回避することが可能です。

賃貸マンションは購入よりもお得?

賃貸マンションは毎月の家賃と光熱費などを払って借りますが、もちろん半年でも2年でも住んでいる期間だけの支払いとなります。マンションを購入する場合は始めから支払う金額が決まっています。2500~5000万円などの高額な費用を毎月のローンを組んで支払っていくのが一般的です。仮に賃貸でもローンでも毎月7万円を支払って10年住む場合は経済的負担にさほど大きな差はありません。ただ、20年、30年と長く住むほどに住宅は老朽化してくるので、修繕費や維持費はどうしてもかかるようになります。また、10~30年という長い期間では、生活にも様々な変化が訪れます。いつまでも今と同じ状況、環境が続くわけではありません。なので、10年以上の長いスパンで考えた時にこそ、ライフスタイルの変化に合わせて変えることのできる賃貸マンションの方が経済的負担や生活の負担を管理しやすいと言えるかもしれません。

広告募集中